肩甲骨をゆるめる動作が多いゆる体操。肩甲骨周りの筋肉をゆるめることでどのような効果が得られるのかを解説します。

血行が良くなる

肩甲骨周りの筋肉をゆるめることで血行が改善される可能性があります。肩甲骨周りの筋肉は非常にこわばりやすい部位です。

肩甲骨という骨は、他の骨とはつながっておらず、筋肉によって支えられています。

そのため、意識して肩甲骨を動かしてあげないと、周辺の筋肉は固まりがち。

筋肉のこわばりは血行不良に直結しますので、肩甲骨周りの筋肉をゆるめることは血行の促進につながるでしょう。

姿勢が良くなる

肩甲骨周りの筋肉が固まると、猫背になりやすくなります。固まった筋肉に影響を受けて、背中も丸くなりがちなのです、

デスクワークをしている人に特に多い姿勢の乱れ。猫背を改善するためのストレッチも有効だとは思いますが、肩甲骨周りの筋肉が固いままだと根本的な解決にはならないでしょう。

ゆる体操で肩周りをほぐしてあげることが大切なのです。

肩こりの改善になる

肩甲骨周辺の筋肉がほぐれれば、肩こりの改善になるでしょう。凝りの原因の多くは血行不良。肩周りの筋肉を緩めることで血流が改善され、いつの間にか肩こりが軽くなっているかも知れません。

ゆる体操には座りながら、オフィスで出来るようなものも多いので、仕事の合間に少しでも体を動かすことが大切かも知れませんね。

以上のように様々メリットがある、ゆる体操。DVDなどを見ながら、まずは自分でやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です